UEFAに挑戦状!A22スポーツが提案する新スーパーリーグの詳細

  • 2023年12月22日
  • 2023年12月22日
  • 欧州
  • 13view

ヨーロッパ・スーパーリーグの構想が再び話題となっています。A22スポーツは、ヨーロッパ裁判所がUEFAの競技制限規則を「違法」と判断したことを受け、新しい大会の提案を発表しました。この提案は、男子大会に3リーグ64クラブ、女子大会に2リーグ32クラブを含むというものです。

A22スポーツの提案内容

A22スポーツのベルント・ライヒャルトCEOによると、この新しい大会はUEFAチャンピオンズリーグと女子チャンピオンズリーグに代わるもので、男子スーパーリーグは「スター」「ゴールド」「ブルーリーグ」という3つのリーグで構成されます。リーグ間には昇格と降格があり、各クラブは年間最低14試合を戦います。

男子スーパーリーグは、それぞれ16クラブで構成される「スター」と「ゴールド」の2つのリーグと、32クラブで構成される3つ目の「ブルーリーグ」で構成される予定です。

リーグ間には昇格と降格があり、ブルーリーグへの昇格は国内リーグの成績に基づいて決定されます。

各クラブは8つのグループに分かれ、ホーム&アウェイで年間最低14試合をミッドウィークに戦います。シーズンの終わりには、8クラブによるノックアウトステージが行われ、各リーグのチャンピオンを決定する仕組みです。

サッカー界の反応

レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長とバルセロナのジョアン・ラポルタ会長は、A22の計画を支持しています。しかし、FIFPRO、UEFA、FIFA、欧州クラブ協会(ECA)は、新たなヨーロッパ全体のクラブ大会に反対する立場をとっています。

プレミアリーグ、ブンデスリーガ、リーガ・エスパニョーラ、リーグ・アン、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン・ミュンヘンなどのクラブも、スーパーリーグを支持しないことを表明しています。

ストリーミングプラットフォームの提案

A22は、スーパーリーグを放送する新しいスポーツ・ストリーミング・プラットフォームの立ち上げを提案しています。このプラットフォームでは、全試合をファンに無料で提供し、広告、プレミアム契約、スポンサーシップによって収入を得る計画です。

女子スーパーリーグの展望

女子スーパーリーグでは、「スター」リーグと「ゴールド」リーグの2つのリーグが存在し、それぞれ16クラブが参加します。A22によると、最初の3年間は収入が保証され、スーパーリーグの収入の8%が「連帯支払い」として支払われます。

サッカー界の未来

この提案は、過去2年間にわたるファン、選手、クラブ、リーグとの「広範な対話」の結果であるとA22は述べています。欧州スーパーリーグの将来はまだ不確かですが、サッカー界全体に大きな影響を与える可能性があります。

最新情報をチェックしよう!